【利用制限△】残債ありのスマホは買取に出せる? 。 スマホを売るならスマホ買取グッド売 iPhone(アイフォン) Android(アンドロイド) スマホ スマートフォン 買取

お役立ち情報詳細

【利用制限△】残債ありのスマホは買取に出せる?

[2020.05.29] スマホスピタル栄

カテゴリー iPhone買取

スマホを持つ人 ほとんどの使用者がスマホをローンで購入

スマホは新機種が次々に発売され、新しいものほど高性能であることがほとんどです。

その分、本体の金額も高くなり続けており、10万円を超える機種も珍しくなくなりました。

新しいスマホを購入するとき、多くの方は2年ローンや4年ローンといった分割払いを選ばれています。

しかし、本体代金を払い終える前にスマホが壊れてしまったり、

今よりも良い機種が発売されてすぐにでも機種変更したいといった場合もあるかと思います。

 

新しい本体を購入するにあたって、今の本体を買取に出して

少しでも金額の足しにしたいという方は多いかと思います。

では、残債が残っているスマホを買取に出すことは可能なのでしょうか?

 

残債ありのスマホを買取に出すのは問題ない?

残債があるということは、スマホの代金を払い終わっていないということになります。

その状態で、さらに別のところへ買取に出すのは問題になるのでは…と思われるかもしれません。

しかし、基本的には残債のあるスマホを買取に出すことは問題ありません

ただし、スマホが手元からなくなったとしても当たり前ですが残債が消えることはありません。

新しい機種をさらにローンで購入するような場合ですと、2台分の機種代が毎月かかることになります。

全額払い終わるまでこの状態が続くことになるので、支払いができないということがないように

金銭的余裕を持っておく必要はあると言えるでしょう。

 

買取拒否や査定額への影響はある

先ほどの通り、残債のある端末を買取に出すこと自体には大きな問題はありません。

ただし、残債がある状態のスマホは「ネットワーク利用制限」が「」の状態となります。

ネットワーク利用制限は、購入者がローンの支払いを滞納したり、踏み倒しなどがあった場合に

販売元が処理を行うことで、該当するスマホがインターネット(3G・4G)に接続できなくすることができます。

状態には、「」「」「」の3種類があります。

は、残債がない状態のものです。今後も利用制限をされる可能性は限りなくゼロに近いと言えます。

は、残債の支払い中のものです。全額支払いが終われば〇に変わりますが、支払いがストップすると✖になる可能性もある状態です。支払いが続いている限り、〇の端末と同じように使用することが可能です。

は、端末の代金が全額支払われないままであり、利用制限されてしまっている状態です。インターネットへの接続が制限されるため、スマホとしての価値が大幅に下がります。

 

残債がある状態のものは、買取店も、次の持ち主にとっても利用制限されてしまうリスクを抱えることになります。

そのため、買取自体を拒否されてしまうことや、査定額が大幅に下がってしまうことが多いです。

残債が残り少なくなっている場合には、全額返済してから買取にだすと良いでしょう。

 

一覧に戻る

買取アイテムを探す

メールでの問い合わせはコチラ

お近くの買取店舗を探そう

店舗検索
  • 下のエリア選択から最寄りのエリアを選択してください。
  • 選択したエリア内に表示されてる店舗にお問い合わせ
  • 買取・査定価格をご案内
  • 買取エリアを選択してください。

ご来店持ち込みによる買取り価格の査定申込みからお支払いまでの流れ

来店買取の流れ
  • スマホ買取グッド売へ買取希望端末をお持ちください
  • その場で査定し、査定価格をご案内
  • その場で買取り額をお支払い

郵送での買取り価格の査定申込みからお支払いまでの流れ

  • 郵送買取の流れ1,2
    • 必要書類をダウンロードして印刷・記入します
    • 査定希望の端末と身分証明書のコピーを送付
  • 郵送買取の流れ3,4
    • メールかお電話にて査定価格をご案内
    • 指定の銀行・郵便口座へ
      お支払い

スマホ買取グッド売が選ばれる理由

  • 他店舗より高額で買取ってくれる
  • 壊れてても買取ってくれる
  • 簡単5ステップでスピード査定