個人売買の危険性とは? 。 スマホを売るならスマホ買取グッド売 iPhone(アイフォン) Android(アンドロイド) スマホ スマートフォン 買取

買取速報詳細

最近ではメルカリやラクマなど

個人間でも匿名で簡単に売買のできるサービスが発達しており

使わなくなったスマホをそこで売ったり

逆に使いたいけど高かったスマホをそこで入手したりすることが

簡単にできるようになりました。

 

しかし、やはり個人売買による危険性はついて回ります。

今回は「iPhone」を個人売買で購入する際の危険性についてご紹介します!

 

①「利用制限」

一番重要視するべきは利用制限かと思います。

利用制限とは携帯ショップで月賦購入した端末の月々の支払が滞ってしまったときに、

キャリア側が携帯の電波の利用を制限する措置のことです。

利用制限がかかっているか否かは個体識別番号である「IMEI」でだれでも調べることができますので

IMEIの書いていないスマホを購入するのはやめておきましょう。

元の持ち主が料金の支払いをやめてしまった時に、電波がつかえなくなってしまうのはあなたです。

 

②「アクティベーションロック」

これはiPhone独特の機能になりますが、Appleは非常にデータ流出にたいして厳格です。

この機能も盗難の際に外部に利益を与えないための機能になります。

iPhoneには「iPhoneを探す」という機能が標準搭載されており、これによって

盗難や紛失のさいに別端末でどこにその端末があるのかや、初期化やロックをすることが可能になっています。

「iPhoneを探す」機能がONになっていると、盗んだ犯人が初期化をして端末を使おうとしても

以前そのiPhoneで使用していたAppleIDとパスワードを入力しなければ、端末を使う事が出来ない状態になります。

ですので、iPhoneを売る際には初期化をするかと思いますが「iPhoneを探す」をOFFにしているかどうかを明記している売り主でないと安心はできないかと思います。

 

 

③「内部破損までは見抜けない」

こちらも非常に怖いお話なのですが、なにせ売り主は一般の方なので

なかなか内部の状態まで見抜けないことがほとんどです。

正動品として購入したのに、実際中身が水没していた!なんていうケースもすくなくありません。

あくまでこの部分に関しては自己責任での購入になります。

 

 

 

大まかに上げるだけでも

これほど気にしないといけない部分があります。

今からお売りになろうとしていた方も、

ちょっとこれだけ調べるのは億劫…

そう思ったあなたはスマホ買取グッドバイ京橋店でスマホを売ってみませんか?

個人売買ではなく買い取り業者なら、お客様は端末を持ち込むだけで査定してもらえますし

手続きも簡単です!

ぜひこの機会にご検討ください(*'ω'*)

一覧に戻る

買取アイテムを探す

メールでの問い合わせはコチラ

お近くの買取店舗を探そう

店舗検索
  • 下のエリア選択から最寄りのエリアを選択してください。
  • 選択したエリア内に表示されてる店舗にお問い合わせ
  • 買取・査定価格をご案内
  • 買取エリアを選択してください。

ご来店持ち込みによる買取り価格の査定申込みからお支払いまでの流れ

来店買取の流れ
  • スマホ買取グッド売へ買取希望端末をお持ちください
  • その場で査定し、査定価格をご案内
  • その場で買取り額をお支払い

郵送での買取り価格の査定申込みからお支払いまでの流れ

  • 郵送買取の流れ1,2
    • 必要書類をダウンロードして印刷・記入します
    • 査定希望の端末と身分証明書のコピーを送付
  • 郵送買取の流れ3,4
    • メールかお電話にて査定価格をご案内
    • 指定の銀行・郵便口座へ
      お支払い

スマホ買取グッド売が選ばれる理由

  • 他店舗より高額で買取ってくれる
  • 壊れてても買取ってくれる
  • 簡単5ステップでスピード査定